FC2ブログ

    笛(EWI4000s)を吹いたりT-SQUAREを愛でたりするブログ

    スポンサーサイト 


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    trackback: -- | comment: -- | edit

    A.O.I@音楽室DXに行ってきました! 


    1月23日、A.O.Iのライブに行ってきました。くつろぎました~

    アルバム「Mouth To Hands」を2010年秋に参加したEWIクリニックで買って以来、ライブあったらいいな~と密かに願っていたのでうれしい!
    20130123.jpg

    早く着いたので、真ん中の2列目に座れました。自分はこの日が初・音楽室DXだったのですがステージと客席が近いというか隔たりがあんまりなくてはじめのうちはちょっとそわそわでした。
    そして浮かれるあまりビールをこぼしたりしながら(すみませんでした…)ライブスタート。

    曲は「Mouth To Hands」の他、宮崎さんと亜土さんのオリジナル曲。大人で落ち着いた雰囲気でした。

    アルトサックスを使わないユニットということで、今回宮崎さんが演奏されたのはテナーサックスとEWI(「EWI MASTER BOOK」の表紙と同じ、青白の4000s)でした。

    A.O.Iのライブは初めてで感激。「Autumn」はEWIのデモなどで宮崎さんが演奏されるのを聴く機会が何度かあったのですが、二人での演奏だとさらに心地いい~。

    「Far Cry」の静かな曲の中でかすかに聴こえる「カシャッ」っていうテナーのキイの音がなぜだかわからないけどむしょうにたまらん!と個人的に思っていて、今回生演奏でもそれが堪能できたので心のなかでガッツポーズでした。「Another Sunset」もかっこよかった!

    そういえば宮崎さんは自分のオリジナル曲を紹介する時になぜか毎回「次は本当に申し訳ないんですけど僕の曲です」と恐縮されてました。謙虚。

    EWIもオクターブボタン(右手の人差指あたりにある、1オクターブ下の音が重なって出るボタン)を使った演奏やベースラインをEWIで吹くなど見どころ盛りだくさんでした。

    MCでは亜土さんの「普通の人が聞こえないような音域の音(モスキート音とか害虫よけの超音波とか)が聞こえている」とか「作曲するときにまず前奏と間奏ができて、コードができて、メロディーが最後にできる」という音楽家ならではな話題も。
    須藤さんのDVDを見て寡黙で謎めいた方というイメージを持ってた亜土さんのお話がいっぱい聞けたので楽しかったです。

    宮崎さんは「ライブの打ち上げでまわりがお酒を飲む中、自分はいろんな味のプリンを食べててケーキバイキングみたいになった(めっちゃ嬉しそう)」「コンビニに行ったらまずスイーツと菓子パンの売り場に行く」とかの甘いもの好きっぷりが伝わってくる話題でなごみました。

    「Mouth To Hands」の、夜中にソファーで聴きたい感じの雰囲気が生演奏で味わえて、寒い中電車で家に帰らずにこのままお風呂入って寝たい…と思う勢いでゆったりできました。

    MCでまたライブをやったり今後は曲も増やして行きたいとおっしゃっていたので楽しみにしていたいと思います!
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://holywindsynth.blog135.fc2.com/tb.php/90-4936c58d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。