FC2ブログ

    笛(EWI4000s)を吹いたりT-SQUAREを愛でたりするブログ

    A.O.I@音楽室DXに行ってきました! 


    1月23日、A.O.Iのライブに行ってきました。くつろぎました~

    アルバム「Mouth To Hands」を2010年秋に参加したEWIクリニックで買って以来、ライブあったらいいな~と密かに願っていたのでうれしい!
    20130123.jpg

    早く着いたので、真ん中の2列目に座れました。自分はこの日が初・音楽室DXだったのですがステージと客席が近いというか隔たりがあんまりなくてはじめのうちはちょっとそわそわでした。
    そして浮かれるあまりビールをこぼしたりしながら(すみませんでした…)ライブスタート。

    曲は「Mouth To Hands」の他、宮崎さんと亜土さんのオリジナル曲。大人で落ち着いた雰囲気でした。

    アルトサックスを使わないユニットということで、今回宮崎さんが演奏されたのはテナーサックスとEWI(「EWI MASTER BOOK」の表紙と同じ、青白の4000s)でした。

    A.O.Iのライブは初めてで感激。「Autumn」はEWIのデモなどで宮崎さんが演奏されるのを聴く機会が何度かあったのですが、二人での演奏だとさらに心地いい~。

    「Far Cry」の静かな曲の中でかすかに聴こえる「カシャッ」っていうテナーのキイの音がなぜだかわからないけどむしょうにたまらん!と個人的に思っていて、今回生演奏でもそれが堪能できたので心のなかでガッツポーズでした。「Another Sunset」もかっこよかった!

    そういえば宮崎さんは自分のオリジナル曲を紹介する時になぜか毎回「次は本当に申し訳ないんですけど僕の曲です」と恐縮されてました。謙虚。

    EWIもオクターブボタン(右手の人差指あたりにある、1オクターブ下の音が重なって出るボタン)を使った演奏やベースラインをEWIで吹くなど見どころ盛りだくさんでした。

    MCでは亜土さんの「普通の人が聞こえないような音域の音(モスキート音とか害虫よけの超音波とか)が聞こえている」とか「作曲するときにまず前奏と間奏ができて、コードができて、メロディーが最後にできる」という音楽家ならではな話題も。
    須藤さんのDVDを見て寡黙で謎めいた方というイメージを持ってた亜土さんのお話がいっぱい聞けたので楽しかったです。

    宮崎さんは「ライブの打ち上げでまわりがお酒を飲む中、自分はいろんな味のプリンを食べててケーキバイキングみたいになった(めっちゃ嬉しそう)」「コンビニに行ったらまずスイーツと菓子パンの売り場に行く」とかの甘いもの好きっぷりが伝わってくる話題でなごみました。

    「Mouth To Hands」の、夜中にソファーで聴きたい感じの雰囲気が生演奏で味わえて、寒い中電車で家に帰らずにこのままお風呂入って寝たい…と思う勢いでゆったりできました。

    MCでまたライブをやったり今後は曲も増やして行きたいとおっしゃっていたので楽しみにしていたいと思います!
    関連記事
    スポンサーサイト

    T-SQUARE 35th Anniversary プレイベント COUNTDOWN CONCERT 2012-2013@日本橋三井ホールに行ってきました!  


    T-SQUAREのカウントダウンコンサートに行って全力で楽しんできました!

    場所は今年も日本橋三井ホール。
    ここのビールってヱビス生だからうれしいよね~とか思いながら開演を待ちます。
    開場から開演まで30分間かつ客席にドリンク持ち込み不可なので、けっこう急いで飲まないといけません。
    回る~。これも客席の盛り上がりの要因なのか…(笑)

    セットリストをお探しの方は公式のFacebookページからどうぞ。

    T-Square & Staff PAGE
    カウントダウンコンサート 2012-13 セットリスト公開!



    ライブ中の写真もあります!

    T-Square & Staff PAGE
    Count Down Concert 2012-2013

    セットリストと写真でだいたいどんな感じかわかると思いますので(笑)
    ここから相当個人的な感想です。

    ちなみに席は安藤さん側の前のほう端っこでした。

    1曲目からさっそくゲストの仙波師匠、須藤さん、宮崎さんを含めた全員で「Stiff Nails」!
    うわーかっこいい!客席は後ろのほうまで総立ちに。

    伊東さんの「今日は最後まで楽しんでいってください!」というあいさつの後
    1部はメンバーだけで演奏が続きます。
    やっぱり「Wings」はいいアルバムだー。

    自分はチキンジョージの2日目(ゲストは宮崎さんの日)に行っていまして、
    たぶんカウントダウンと曲がほぼ同じになるだろうと思ってましたが
    「Stiff Nails」「Beat In Beat」「Nab That Chap!」「All About You」「Omens Of Love」(と「Hello Goodby」)はカウントダウンだけで聴けたので
    セットリストにけっこう違いがあったように感じてお得でした。

    逆に、チキンで聴けてカウントダウンになかったのが
    「Morning Star」「Missin' You」「Jubilee」「いとしのうなじ」「Faces」
    あと「安新第一(安藤さんの新曲)」でした。

    MCではReally?をウィルリー?って言う話スクェアがユーミンのツアーに参加した時の思い出話など。
    でも安藤さん、バラードの前にその話題はどうかと!
    師匠が犬のうんこを踏んだ話で盛り上がる安藤さんと伊東さんが小学生男子に見えたよ!
    でもその後の「遠雷」と「Catcher In The Rye」はちゃんとキリッと演奏されてました。ギャップがすごい(笑)

    そして「Radio Star」と「High Time」で盛り上がって1部終了。
    チキンで聴いた時も思ったのですが「Radio Star」は脳内でラップを付け足してしまう…!(「虹曲」バージョンばっかり聴いてるから)


    休憩中には抽選会があり、各メンバーのプレゼントは
    ・坂東さん…チキンで使ったスネアヘッドとスティック
    ・河野さん…ローランドのショルキー(ちゃんと取説付きなのが河野さんらしい)
    ・伊東さん…無印良品の「福缶」
    ・安藤さん…おすすめDVDとミニチュアのギター
    でした。当たりませんでした!


    2部は全員による「Adventures」でスタート。
    最後のハイトーンのところの伊東さんかっこいいー!

    次の「夜明けのビーナス」は須藤さんも参加されていたからか、ベースが楽しいことに今頃気づきました。
    ライブだとCDとは違ったところに着目(着耳?)できることがあるから楽しい!
    そしてサビのバックに聴こえるピコピコ音のところは仙波師匠が担当。
    伊東さんと宮崎さんのEWI共演も印象に残っています。

    ところで自分は仙波師匠の演奏を生で見るのが初めてだったのですが
    全体的に存在感がすごい。
    あと(写真にも写ってるけど)高い位置にセットしてある風車みたいなのがぐるぐる回ります!
    坂東さんも対抗してシンバルを回されてました(かわいい)。
    宮崎さんの「Dali's Boogie」もパーカッション入りでエスニック風味が増してて楽しかったです。
    それにしても宮崎さんのEWIの吹きっぷりには毎回圧倒されます。

    そして「Nab That Chap!」で相当盛り上がったところで2012年最後の曲へ。
    去年の事件(ソロが盛り上がりすぎて年越し4秒前→新年早々土下座)を執拗にイジられる須藤さん(笑)
    「Texas Kid」のイントロが流れた瞬間「今年は伊東さんと宮崎さんが土下座のパターンか…」と思った(ファンのくせにひどい)のですが1分半の余裕を残してセーフ!
    須藤さんから「皆さんね、毎年走る(テンポがだんだん早くなっちゃう)傾向がありますからね、いいですか?10!9!…」と指導を受けつつ無事カウントダウン成功でした。

    そして「Hello Goodbye」で2013年スタート、そのまま全員でジャパソへ突入。
    須藤さんは客席乱入してくれるし、伊東さんと宮崎さんのバトルも盛り上がりました!
    あと「いろんなパーカッションの入った箱をひっくり返す」という斬新なソロを見せる師匠と、ドラムセットをひっくり返すわけにもいかず「無理~!」とジタバタする坂東さんの対決にひときわ大きい歓声が!
    (たぶんこの曲だったと思うのですが記憶力に自信がない…見に行かれた方、ここでしたっけ?)

    その勢いのままに「Truth」だったのですが
    須藤さんが移動しながら笑顔で各地の客席を煽ってくれるのでいつにもまして腕を全力で振り上げてた人が多かったらしく、終わってから(自分含めて)「ねじ式」みたいなポーズになってる人多数(笑)

    アンコールはメンバーのみで「Rondo」と、全員で「All About You」。
    2007年と1984年の曲なのに両方とも人気があって盛り上がるのがすごい。
    「All About You」の最後は坂東さんがシンバルをばしーん!どしゃーん!!とぶちかまして終了。

    2回目のアンコールは「Omens Of Love」でジャンプ!
    須藤さんと晋吾さんはイントロ中にアキレス腱を入念に伸ばしてるし
    ダブルヘッダーの坂東さんはさすがにフラフラかと思いきやめっちゃジャンプしてるし
    伊東さんは宮崎さんにEWIを任せて楽しそうにしてるし
    師匠はフリーダムだし須藤さんのストラップは壊れるしで激しいラストでした。

    とっても盛り上がってヘロヘロのまま初詣に行き「今年はもうちょっと体力がつきますように」とお願いして帰りました。いい年明けでした!
    2013年もいっぱいライブに行くぞー!
    関連記事

    宮崎隆睦グループ Live at Orange Lady vol.2~X'mas Special~に行ってきました! 


    12月25日(クリスマス!)、六本木Orange Ladyに「宮崎隆睦グループ」を見に行ってきました。
    みやみや!

    平日だったので職場からダッシュで六本木へ。
    20121225_1.jpg

    ラッキーな事に狙っていた2F(ロフトフロア)最前列に座れました!
    今回は真ん中あたり。こんな眺めでした。
    ミラーボールが近いのがなんかおもしろい。
    20121225_2.jpg

    今回はゲストがMookiさん(Vo.)と山崎千裕さん(Tp.)とお二人も。豪華!
    ゲストのお二方の演奏を耳にするのが初めてで、
    セットリストも初めて聴く曲が多かったので
    新鮮な気持ちでワクワクして聴いていました。

    トランペットが入るとグッと大人な感じになって気持ちいい~。
    あと自分は普段、歌のある曲をあまり聴かないのですが
    Mookiさんの歌声はバンドに調和した一つの楽器みたいで好きな感じでした!

    こういう風に、自分のアンテナがまだ反応してないところの
    ステキなアーティストの方や曲にライブで出会えるってうれしいですね。

    そうそう、歌がある曲では「宮崎隆睦グループ」によるコーラスも聴けました。
    宮崎さんはMookiさんといっしょにリードヴォーカルも!
    初めて宮崎さんの歌が聴けて超感激です。優しいいい声!

    クリスマスということで「Blue Christmas」「Fallin' in love with Jesus」「This Christmas」とクリスマスソングの演奏も。
    今までこんなにムーディーなクリスマス過ごしたことない…!

    そしてこの「This Christmas」という曲ですね、
    今までお店などでBGMとして流れているのを何度も耳にしていて
    その都度「この曲いいな~なんてタイトルだろう」と思うものの
    今の今まで調べきれてなかった曲だったので
    聴きながら「これだー!!」と心のなかで叫びました(笑)

    曲順が前後しますが1部のラストが「Rainbow seeker」で、
    これはホントに「宮崎隆睦グループ」のライブでいつかは聴きたい!と
    こっそり願っていた曲だったので大興奮でした。やったー!

    でも「Rainbow seeker」以外の曲も印象に強く残っていて
    聴きどころ盛りだくさんでしたよ!
    ライブに行く前は、素人の勝手な思い込みで「トランペットとヴォーカルの方がゲストだったらフロントが3人になって宮崎さんのメインのところが少なめになっちゃうかも…」などと思っていたのですが全然そんなこともなく。

    MCもFacebookのイベント参加者が出席確認されちゃうコーナーとか
    呉服さんがサンタ帽をかぶって待ち合わせに現れるも
    宮崎さんにスルーされて心が折れた話とかおもしろかったです(笑)

    アンコールの「Sweet and Gentle」もトランペットとサックスで
    メロディーを演奏されていてノリノリでした!
    (「Sweet and Gentle」は宮崎さんのソロアルバム
    「Nostalgia」バージョンばっかり聴いてるのでよけいそう感じたのかも)

    そんな感じで、宮崎さんがサンタさん♪ないいクリスマスの夜を過ごしました。
    次回の「宮崎隆睦グループ」のライブは決まり次第お知らせということだったので
    楽しみにしています!
    関連記事

    【まとめ】T-SQUARE「“YEAREND SPECIAL 2012”5day's」感想などのまとめ 


    年末恒例・T-SQUARE「“YEAREND SPECIAL 2012”5day's」@神戸チキンジョージの感想を読みたかったので「NAVERまとめ」というサービスを使って各所からまとめてみました。セットリストもあるよ!

    末尾におまけ(おもしろ画像集)があります。
    自分のがまとめられちゃってて困るよ!という方はコメントなどでお知らせくださいね。

    開催中にまとめはじめたのですが、ネタバレ防止のため今日やっと公開です。
    よく耐えた!

    T-SQUARE「“YEAREND SPECIAL 2012”5day's」セトリ・感想などのまとめ - NAVER まとめ
    http://matome.naver.jp/odai/2135616278547142201
    関連記事

    T-SQUARE “YEAREND SPECIAL 2012”5day's(2日目)@神戸チキンジョージに行ってきました! 


    年末恒例・T-SQUAREのチキンジョージ5days(の2日目)に行ってきました!
    盛り上がりました!

    どの日に行くか迷った(というか5日間とも行きたいよ!)のですが、申し込みの期日直前に見た「宮崎隆睦グループ」のライブの影響もあって、また宮崎さん&伊東さんの共演が見たい!ということで2日目の12月21日(金)に行くことにしました。


    昼過ぎに神戸に到着していて、その時は普通に晴れてたのに開場時間が近づくにつれて雨(本降り)に…

    20121221_2.jpg

    入場して、晋吾さん側のはじっこに着席。
    去年はもう椅子に座り直せないぐらいぎゅうぎゅうの場所に座ってしまったのですが、会場の端ということもあってビールも快適に飲めました。

    20121221_1.jpg

    では本編の感想です。

    セットリスト
    1部
    01 SE~Adventures
    02 夜明けのビーナス
    03 The Bird of Wonder
    04 The Flight of The Phoenix
    05 Tell Your Story
    06 This Song
    07 遠雷(フルートver.)
    08 Catcher In The Rye
    09 High Time

    2部
    01 Morning Star
    02 Radio Star
    03 安新第一(「安藤さんの新曲第一番」の略)
    04 Dali's Boogie(宮崎さんのみ)
    05 Missin' You (宮崎さんのみ)
    06 Jubilee(伊東さん・宮崎さん)
    07 いとしのうなじ
    08 Rondo
    09 Faces

    アンコール1
    01 Japanese Soul Brothers (伊東さん・宮崎さん ※サックスver.)
    02 Texas Kid(伊東さん・宮崎さん)

    アンコール2
    01 Truth(伊東さん・宮崎さん)

    セットリストは今年出たアルバム「Wings」と「虹曲」からがメインにしつつ「This Song」とかTHEの曲のチョイスが絶妙に渋い!
    毎年来てる人も初めての人も楽しめてナイスセットリストだと感じました。
    まず1曲目が「Adventures」っていうのが燃えるよね~。

    ちなみにこの日はシーケンサーにトラブルがあった(ピッチが変になった)らしく、「Adventures」の出だしからステージも客席も「???」という不安な雰囲気に。
    しかし河野さんがシステムを再起動しながら不足分を手で弾くという考えただけでお腹が痛くなるような技でカバー!河野さんかっこいい!ライブならでは!

    そして「The Bird of Wonder」「The Flight of The Phoenix」「Tell Your Story」と「Wings」からの曲が続きます。
    「The Bird of Wonder」はギターが聴きどころだと思っているのでやっぱり安藤さんに注目。
    「Tell Your Story」は聴きたかったので嬉しい!あとスライドギターの演奏を見るの初めてでした。あんな感じなのかー。

    「遠雷」は虹曲に準じてフルートバージョンで。
    続いて「Catcher In The Rye」とバラードでしっとりした後、「High Time」で盛り上がって1部が終わりました。

    2部では1曲目が「Morning Star」!大好きなのでやったー!
    まさかライブで見られるとは。冬に聴くといいんですよねこれ。

    今回お披露目の新曲は安藤さん作。
    スピード感のある感じで、来年のアルバムが楽しみです。
    ゲストの方にも曲を書いてもらっているらしいですよ。

    そして「神戸に戻ってきました!ただいまー!」と宮崎さん登場!
    坂東さんの選曲で「Dali's Boogie」と「Missin' You」を。
    あっという間に宮崎さんワールドに連れて行かれました。
    客席も一瞬でうっとりムードに。

    そして「Jubilee」でサックスバトル開始!
    途中で伊東さんが演奏を止めて伴奏なし状態に。
    もーすごいことになりました。
    この流れは予定していなかったそうで、とりあえず楽器から手を離して顔を見合わせながら手拍子するしかなくなったメンバーがおもしろかったです。

    「Jubilee」後に伊東さんsay「仕掛けた俺が悪かった…」(笑)

    自分は宮崎さんと伊東さんの2SAXがほんとに好きでして、二人の白熱した演奏を見るのがもう楽しすぎてワナワナしていました。
    口も開いてたと思います。

    今日は「Jubilee」の他にも「Japanese Soul Brothers」と「Texas Kid」が見られて大満足です。
    「Texas Kid」は河野さんのソロもかっこよかった!


    その他にネタ的におもしろかったところが多量にあるので箇条書きで。

    ・┐(´ε`)┌ ←こんな感じのジェスチャーをMC中にするのが安藤さんの中で流行
    かわいかった!元ネタはなんだろう…前日からの流れ?

    ・Ψ(`д´)Ψ ←こんな感じのポーズ(自称・ロックなポーズ)を演奏中にするのが伊東さんの中で流行
    しかも主に坂東さんに向けて!
    ちなみに伊東さんは前日シャウトしすぎて声が枯れたそうです。どんなライブだったんだ(笑)

    新型EWI いうい~400000s
    水平器にストローやシールを貼った謎の物体!

    ・一つのオタマトーンで「Truth」を演奏するふたり
    貴重すぎる光景。宮崎さん:音程担当 伊東さん:ぱくぱく担当 でした。

    ・サックスものまねバトル
    宮崎さんの「Missin' You」後、ステージに再登場しておもむろに「Missin' You」を坂東さん(作曲者)に向かって吹く伊東さん(笑)

    その後宮崎さんが「僕も伊東さんのマネをします!」と宣言して「GODZILLA」や伊東さんのフレーズをいくつか吹いてくれました。
    何この神々の遊び…!

    ・来年発売のアルバムの話
    (坂東さんが新曲のデモでEWIを吹いていたという話で)
    伊東さん「こういう音色でこういう風に吹けよ!と言わんばかりのねぇ?」
    坂東さん「(客席の笑いが収まるのを待って)……そうなんですけどね!」
    坂東さん強い!(笑)

    ・アンコールの「Truth」がいつもと違う
    もちろんこっちはオタマトーンじゃなくてEWIの演奏。
    曲に入る直前に伊東さんが「宮崎まかせたっ!」と叫んだっきりホントに吹かなかったのでほとんど宮崎さんが演奏することに!

    「えっ伊東さんは吹かないんですか?」
    「まだ僕一人ですか?そんな~!」
    「そろそろ伊東さんお願いしま…僕がまだ吹くんですか?」
    と子犬のような目(かわいい)で訴えながらもバリバリ吹く宮崎さん。さすが元フロントマン…!

    そしてそんな至近距離からのアイコンタクトをものともせず、ステージを歩きまわって客席を煽ったり演奏中の宮崎さんの肩と腰をつかんでのけぞったポーズを強要するのに専念する伊東さん(楽しそう)。

    そんな感じの最後でしたのでニコニコしながら帰りました。
    忙しい年末の平日に東京から遠征でしたが、ほんとに行ってよかったと思えるいいライブでした。
    ぜひぜひ次回も行きたいです!

    ※おまけ
    FacebookのT-SQUARE公式ページに写真が公開されていますのでどうぞ。
    (アカウントがなくても見られますよ)
    秘蔵写真公開!!! 門外不出

    (チキンは今年で3回目ですが、仮装してる日に行ったことがないので後半にしようかな~)
    関連記事