FC2ブログ

    笛(EWI4000s)を吹いたりT-SQUAREを愛でたりするブログ

    宮崎隆睦グループ Live at Orange Lady vol.1に行ってきました! 


    10月26日に「宮崎隆睦グループ」のライブを見に
    六本木のOrange Ladyに行ってきました!

    前々から「宮崎隆睦グループ」はいつか生で聴いてみたいと思っていて
    憧れの公演+ゲストが伊東たけし、ということで
    期待が果てしなく膨らんでしまっていたのですが、それをはるかに上回る素晴らしいライブでした!

    20121028.jpg

    19:00オープンだったので開場に到着するころには真っ暗になってまして
    近くの通りにはハロウィンの仮装をして飲んでる人たちが行き交っていました。
    (さすが六本木!)

    席は運良く最前列に座ることができました。やったー。

    ライブは「The land of divinity」「Theme from Love Jones」「Only a handful」と宮崎さんが作曲された曲でスタート。
    これからオリジナル曲を増やしていきたいということでした。

    合間のMCではそれぞれの曲を書いた時のエピソードや
    曲に込めた思いを紹介してくださり、
    初めて聴く曲も多かったのですが聴き入りました。

    「宮崎隆睦グループ」は4人編成で、リーダーである宮崎さんのターンを
    思う存分味わうことができ、うっとりし放題です。
    宮崎さんはどの楽器も宮崎さんなので(意味不明)どれでも大好きなのですが
    特にテナーサックスの音が気持よくていつまでも聴いていたい感じでした。

    そんな中、このあたりからMCが異様におもしろく…

    4曲目、呉服さんの曲(この曲ステキでした!)のタイトルがまだ決まってなくて、
    どういうイメージで書いたのかという話になり
    呉服さん「作る時は宮崎さんの顔をずっと思い浮かべてましたね」
    宮崎さん「シュッとした感じでね!ミントの香りしゅぱー!みたいなね!」
    (ミントの香りが広がるジェスチャーをしながら)とか

    宮崎さん「今、(楽屋で待機中の)伊東さんは裸で腕立て伏せをされてますんで」
    BJ「いや、ネクタイだけは巻いてはりましたよ」とか
    ステージ上にラーメンの出前を取ろうという話とか!

    自分含め、音楽のライブとは思えないぐらい爆笑している客席でした。
    演奏は当然盛り上がるしMCでも笑わせてもらえるしで、会場にいた時間まるまる楽しかったです。

    ところで自分は弾さんのバスドラムの叩き方というかリズム感が好きでして、
    今回初めて演奏されているところを見ることができて嬉しかったのですが
    素足(裸足)でバスドラムとハイハットのペダルを踏まれていたのでびっくりしました。
    最前列から足を凝視してしまい申し訳なかったです。
    (帰ってからググってみたらドラマー業界的には珍しくはないもよう)

    そして2部の2曲目からゲストの伊東さんが登場。

    長いので後半に続く!
    -- 続きを読む --
    関連記事
    スポンサーサイト

    【絵】Happy Halloween! 


    ブログに彩りを足そうと思って季節の絵をあしらってみることにしました。

    10月は「Happy Halloween!」です!
    20121008.jpg
    関連記事

    坂東慧BANDOBAND "Orange Lady" オープン記念 LIVE に行ってきました! 


    9月30日、六本木のOrange LadyにBANDOBANDを聴きに行ってきました。
    台風の中行ってよかったよ!

    20121007.jpg

    先行予約の期間中に申し込みができなくて一般でチケットを取ったのですが
    意外と1Fのやや前の方に座ることができました。
    (どうやら2Fの最前列がいい席のようで、そこから埋まっていく模様です。
    いつか座ってみたいなー)

    曲はクールな印象の「Dark Line」がよかったです。ああいうの好き。
    今まで聴いた「Dark Line」の中で一番かっこよかったように思いました!
    ゲーム「グランツーリスモ5」の曲ですが、
    もし次のソロアルバムを出すんだったら入れて欲しい一曲。

    新曲はタイトル未定の「#219」。軽快でさわやか~。
    「Love at first sight」は切ないバラードで、
    宮崎さんのアルトの音色にひたひたに浸れました。みやみや!
    あいかわらず新曲も好みの感じで、ほんとに次のアルバムを期待せざるをえない。

    スクェアの曲からは「Reminisence」が登場。
    「BLOOD MUSIC」ツアー以来の演奏ということで、自分がライブで聴くのは初めて。
    派手じゃないけど印象深い曲で好きです。ベースがいいよね!

    「Reminisence」はCDバージョンだと
    坂東さんと晋吾さんのコーラスが入るのですが今回は歌はなしでした。
    ただ該当部分で菰口さんが口ずさんでおられた様子
    (マイクがないから声は聞こえなかったのですが)がステキでした。

    そしてやっぱり「Boundless sky」で感動!
    この曲はライブで聴く度に一体感が増して胸熱度が高まっていってる気がします。
    いつも思うけどライブのよさに対して自分の拍手の音量に限界があるのがはがゆい!

    T-SQUAREの坂東さんもキリッと気迫を感じる雰囲気でとてもかっこいいのですが
    BANDOBANDでは他のメンバーの演奏を見てにこやかにされてたりして
    ちょっとやわらかい印象です。
    ただドラムソロの力強さとMCの初々しさはT-SQUAREでもBANDOBANDでも同じで、
    ソロの時は迫力で客席が静まり返りますし
    坂東さんが喋るとステージ&客席全体が
    「かわいいねぇ~」みたいな雰囲気に包まれますよ!

    その他に印象に残っているのは

    ・坂東さんのソロにスティック回し登場!
    夢中で見ていたので無意識に「わぁ」的なことを言ってしまい、
    しまったソロ中なのに声を出してしまった!と思ったら客席全体から歓声が上がっていたのでホッ

    ・菰口さんと宮崎さんの演奏中のアイコンタクト芸がもう!
    過剰に目を合わせ続けてみたり菰口さんがわざと「ぷいっ!」っと視線をそらしてみたり
    でも宮崎さんは菰口さんをずっと見つめてたりしてたいへん楽しいことに。
    クールなイメージの菰口さんにもこんな一面が…
    須藤さんのライブでも思ったけど菰口と宮崎さん、いいコンビです!


    今回があまりにもいいライブだったので
    自分の中で「好みのライブ像」がわかりました。
    ただアホなので適切な日本語が思い浮かばない…「真摯」とかそういう感じ!
    (T-SQUAREの「Friendship Live」のDVDで安藤さんがおっしゃっているところの
    「sincerely」にも通じるのかなあ、などと考えています)

    今回はラーメンが30杯限定だったので断念して台風の風に煽られながら帰りましたが
    次回(11月)もぜひ見たいと思うので、その時に食べたいと思います!
    鶏白湯のほうを…(もう決めてる)

    余談)このブログのBANDOBANDの感想文をまとめて見られるようにしてみました。
    http://holywindsynth.blog135.fc2.com/blog-category-9.html
    関連記事