FC2ブログ

    笛(EWI4000s)を吹いたりT-SQUAREを愛でたりするブログ

    DIMENSIONニューアルバム「27」発売記念 ミニ・ライヴ&サイン会@銀座山野楽器本店に行ってきました!  


    12月2日、山野楽器でDIMENSIONのアルバム「27」を買うと先着順で招待券がもらえるというありがたすぎる企画のイベントに行ってきました。笑いすぎておなかを押さえながら帰りました。

    【セットリスト】
    たぶん…
    1.Summer Night Out
    2.Growing
    3.Amnesiac

    【感想など】
    ・席は増崎さん側の2列目でした。準テクニックシートわーい!
    増崎さんのギターっておしゃれかつ激しくて大好きです。もーほんと脈が早まる。

    ・「27」制作の話題。いつもレコーディングよりもアルバムのモチーフを決めたりするのに時間をかけているそうです。今回は例年より早めに着手したとか。小野塚さん的には本気でアルバムができないんじゃないか、間に合わないんじゃないかとひそかに焦っていたそうなのですが、他のお二人はそうでもなかったような感じでギャップがおもしろかったです。

    ・Q&Aコーナーでお客さんから集めた用紙を分類別にしてキーボードの上に並べる小野塚さんがデータ部長すぎる

    ・Q「増崎さんのギターはどうして心に響くのですか?」 増「あなたのために、弾いてるからですよ(いい声)」
    Q「いつギターを始めたのですか」 増「あなたを、知ってからですよ(いい声)」
    Q「勝田さんはどのような練習をされ…勝「(食い気味に)練習とかしない!練習をしなくてもいいような練習をする!(?)」 増「これは相当練習してますよこの人」
    などと、いつのまにか大喜利と化すQ&Aコーナー

    ・ツアーのお話。色々な場所に行ったのに駅と会場との往復のみだったので観光したい!サイトシーイングディメンションしたい!と勝田さん。(この何かにつけてなんとかディメンションとか言うの大好き)

    ・T-兄さんの話
    ・なぜか「アデラ×スのタイアップが来た時のCMの構想」を熱く語る小野塚さん
    ・増崎さんが釣り番組に出た時の話
    ・年末のBAJを体験するとほかの年越しライブでは満足できないカラダになってしまうという話


    そんな感じでこの後、アルバムにサインを頂いて握手までしてもらって帰りました。おもしろかったし忘年会DIMENSIONが気になりすぎます。
    スポンサーサイト




    soyuz project ラストライヴ「on an eternal space trip」@高円寺HIGHに行ってきました! 


    11月10日、soyuzのラストライヴに行ってぴょんぴょんしてきました!テクノ!いいですね!福間さんかっこいいね!

    ※このブログのカテゴリーとかを見るとわかるように、こういったジャンルのライヴに初めて行った人が感想を書いていますので色々とよろしくおねがいします。

    20141110.jpg
    Cookieを食う(ITジョーク)

    ・開演時間が近づいてくると会場のBGMが「Across the Universe」に。そんで1曲終わってもまた流れる。そしてもう1回…と4回ぐらいループしてお客さんたちは「??」という感じに。しかも途中からちょっと音が変わってたりして。

    ・本編は踊れる系の曲をVJに合わせてまさかのノンストップ90分!前面のスクリーン以外にも左右の壁に映像が投影されてて宇宙でした。これと照明と何より爆音の効果で本気で平衡感覚なくなりかけました。スタンディングのライヴに慣れてなくて終盤は足の裏がつってたけどノリつづけたよ。

    ・生で福間さんを見るのは(パラレルコザックの時を除いて 笑)今回初めて。リズムの取り方や演奏するときの姿勢(斜めに立って片腕を体の後ろにぶらっと下げてる感じとか)がP-MODELのDVDで見たのと同じで、わーほんとに福間さんだー!と感激。それにしてもキーボード弾いたりつまみをつまんだり歌ったり(ボコーダー)PCを操作したりで演奏が忙しいのですね…!指さばきかっこいい!セクシー!ハッこれがセクシーシンセサイザー!と思いながら見てた。

    ・一番印象深かった曲は「swingby」で、曲自体が大好きというのもあるのですが「君と僕のGoodby」っていうところで福間さんが両手を顔の横で「バイバイ」って感じで振っておられたのを見てああーラストなんだー!というのとああーかわいいー!っていうのがないまぜになって涙で視界がぼやけました。

    ・アンコールでゲストのMOMOさんと山口慎一さん登場。MCをはさみつつ数曲。福間さんはギター!この時福間さんのお誕生日ということでハッピーバースデーと共にケーキ登場。おめでとうございます!
    その後ジャパネット福間(スライドショーを見ながらの物販や既存アルバムのプレゼン)…からの「出棺!」の掛け声で1曲。ちなみにこのライブのテーマが「めでたい葬式」とのこと。葬式と聞いて最初ギョッとしたのですが、通販のチケットの封筒を黒にした話とか、MOMOさんと山口さんの演奏を「弔辞」と呼ばれてるのを見てるとホントにそのように準備されていたのだなぁとしんみり。そう言われるとフライヤーのお花の写真もなんかそういう意味に思える…

    ・福間さん退場後客席の照明がついて、ステージではsoyuz開始後からの日付のカウントアップのムービーがはじまる。これは終演後のBGVなのか…それとも何かあるのか…?ざわざわする客席。→福間さん再登場でソロ曲おひろめ!

    ・クッキー買えました!もったいないけどこのまま古くして処分するのもなーと思い、覚悟を決めて食べました。おいしかったし舌が真っ青になっておもしろかった(笑)当然シークレットページも見に行きまして感動。しかも後からページがバージョンアップして内容が追加されて感激。買ってよかった…!

    ・後日twitterで福間さんが「テクノは仕込み」とおっしゃっていてホントその通りだったなと。あと個人的に、仕込みの他には「観察眼とおもしろがり精神(主にニヤニヤ方面の)」が大きな要素だなとも感じました。

    ・仕事帰りの地味なかっこう(スーツ)で行ったらお客さんがおしゃれガールばっかりでちょっと反省した!ちなみに福間さんは本編とアンコールと最後のソロ曲の時とでシャツ→Gジャン→Gジャン+ストールと衣装を着替えておられました。さすがだ。


    そんな感じでこの後2週間ぐらい「Flowers」だけを聴く期間(勝手に「喪中」と呼んでいた)ができたり、福間さんがシンセを操る姿に憧れすぎて自分もつまみをつまんでみたい!などと思い「DS-10」をDS本体ごと買う(とりあえず初心者なのでこれがよかろうと思った)など、実生活に影響を受けたライブでした。
    ライヴ前後のtwitterも含めて本当にたくさん楽しませてもらって、2014年ベストライヴだったかもしれないと今(これを書いてる2015年1月)思う!もちろん今後のソロ活動もとっても楽しみにしてます!

    「あんみつるReturns ! Tour 2014 vol.4」@東京 二子玉川 KIWAに行ってきました! 


    8月25日、月曜日なのにライブに行ってきました。あんかわ!(一部ファンの間ではもはや挨拶と化している”安藤さんかわいい”の略)

    写真はT-SQUAREのオフィシャルFacebookページから。他の写真も素敵なのでぜひ。



    KIWAは席が階段状だから見やすいし音もいいし(ふだん音響についてはあまり気にしていないのですが、ライブハウスに対する「音がいい」ってこういう事を言うのか!と思った)あんみつるをゆったり見るのに適した会場でした。
    席は階段を1段上がったステージと同じぐらいの高さの安藤さん側で見ましたよ。

    【セットリスト】
    1st
    1 In The Mood
    2 Regrets
    3 Welcome Home
    4 What A Wonderful World
    5 How Deep Is Your Love
    6 風の少年
    7 Pioggia Di Capri

    2nd
    1 Seeking The Pearl
    2 Bass'n Voice
    3 Come Together
    4 おもかげ
    5 Waking Up
    6 Big Thunder Mt.

    アンコール
    1 メドレー
      Thunderbird Main Titles(サンダーバードのテーマ曲)
      James Bond Theme(007のテーマ曲)
      サザエさん一家(サザエさんのエンディング曲)

    2 Universo Interior(Truthのボサノヴァversion)

    【感想など】
    ・全編にわたってにこにこできるいいライブでした。口角上げすぎてほっぺたが痛くなるレベル。
    ・「風の少年」は3人とは思えないダイナミックさでかっこいい!
    ・「Pioggia Di Capri」がすごく良くて曲の世界に吸い込まれる感じでした。没入。
    ・「Waking Up」はEWIのパートを安藤さんが弾かれていたのですが澄んだ音の美しいこと美しいこと!また聴きたい!
    ・「Seeking The Pearl」のタイトルは作曲した河野さんが好きな競走馬の名前から取っているらしいよという話で「もしディープインパクトっていう名前だったら曲の感じと合わないよね、シーキングザパールでよかったね」というMCがあったのですが、村井秀清さんファンの私は「Deep Impact」を脳内で再生しながら話を聞いてました(笑)
    ・スクェアの曲も須藤さんの曲も聴けてなんというお得なセットリスト!

    こっから下は覚えている限りの安藤さんのお茶目さ記録です。演奏が素敵なのはもちろんのこと、MCがすごく面白かったので盛りだくさんでした!

    【安藤さんハイライト】
    ・マイクついてなかったけど「Bass'n Voice」のバックコーラス部分(だっだ~♪とかのところ)を全部歌っちゃう
    ・「Come Together」のベースソロ中にバッキングを放棄してすとさんに突っ込まれる
    ・ものまねコーナー(?)で目玉の親父やミッ○ーマウスの真似をした後 み「それ家でもやってんの?」 安「うん!(即答)」
    ・「ありのーままのーっていうの、悪い魔法使いに蟻の姿に変えられても負けないぞっていう歌かと思ってたんですけど。ありんこちゃんの」
    ・スクェア渋公での「チョー渋公なんですけどー↑」「うけるー↑」が観客にさしてうけなかったことを反省している(舞台袖でやったら坂東さんに超受けたのでいけると思ったとか 笑)
    ・すとさんにマギー司郎のモノマネを振ろうとしてなぜか自らも北関東なまりになってしまう
    ・これまでで一番緊張したのはT-SQUAREのアメリカ初ライブの時で、演奏しながらステップを踏もうとしたけど足が震えていてヨロヨロになった
    ・きゃりーぱみゅぱみゅー!
    ・てへぺろ!

    などなど。

    次回は9月15日の「電気あんみつるスペシャル」にも行く予定なので楽しみにしています!

    核P-MODEL「パラレル・コザック」@赤坂BLITZでヤイヤイしてきました! 


    1月11日と14日、核P-MODELのライブ「パラレル・コザック」4daysの初日と最終日に行ってきました!行ってない日は家でUstのライブ中継を見てました!なんか色々すごかったよ!

    【セットリスト】
    曲目は同じで、曲順のみ入れ替えでした。曲はアルバム「Gipnoza」と前作の「ビストロン」からで、「ENOLA」だけP-MODELの曲。

    1日目
    01.崇めよ我はTVなり
    02.Big Brother
    03.アンチ・ビストロン
    04.гипноза (Gipnoza)
    05.109号区の氾濫
    06.Parallel Kozak
    07.ビストロン
    08.Dμ34=不死
    09.Dr.древние (Dr.Drevniye)
    10.巡航プラクシオン
    11.白く巨大で
    12.それ行け!Halycon
    13.排時光
    14.Alarm
    15.ENOLA
    16.Timelineの東

    アンコール
    パラ・ユニフス

    4日目
    01.崇めよ我はTVなり
    02.アンチ・ビストロン
    03.Big Brother
    04.それ行け!Halycon
    05.109号区の氾濫
    06.白く巨大で
    07.ビストロン
    08.Dr.древние (Dr.Drevniye)
    09.Dμ34=不死
    10.ENOLA
    11.Parallel Kozak
    12.排時光
    13.гипноза (Gipnoza)
    14.パラ・ユニフス
    15.Alarm
    16.Timelineの東

    アンコール
    巡航プシクラオン

    【感想】
    ・楽しかった!2日分チケット取ってよかったー
    ・背景は「Gipnoza」のアルバムジャケットみたいな白黒しましま+ハリコン。ハリコンかわいいなぁ
    ・ステージ中央に培養炉(Liveビストロンのあれ)があるけど壊れている様子
    ・スタンドマイクが2本ある!と思ったらゲストのPEVO1号さん登場
    ・衣装が白い!白衣っぽいロングコートに白黒しましまストール、足元は黒でブーツイン。師匠細い!
    ・予想に反して謎楽器なし、ギター(EVO)下げっぱなしでした
    ・やたら振り付けがある!ギターを立てるとか蹲踞とか。「ENOLA」のサビ前で真上を指さして後ろに倒れるとか。
    ・「ENOLA」の「胸の隅の陰りは~」の所をちゃんとできたからよかった
    ・ギターシンセなのでいろんな音が出る
    ・赤坂BLITZ(T□S)でTVを猛烈に皮肉った曲「崇めよ我はTVなり」をやるお茶目さ
    ・フロア仕様の(っていうのかどうかわかりませんが、体に振動が来るぐらいキックとベースラインを強調する感じの)大音量で楽しい!ぴょんぴょんしました。
    ・1日目は若干歌が小さかった気がしましたが立ってた場所のせいかもしれません。
    ・照明が曲に合っててきれいだった
    ・合間合間にブレスの音が聞こえて「ホントに歌ってるんだ!生歌だ!(あたりまえだけど)」と実感した
    ・ライブ用のアレンジかっこよかった
    ・「Parallel Kozak」はステージ中央に移動してギターのみ、途中で二人揃って片膝立ちになるところかっこいい!あとだまし絵のようなリズムに付いてくる馬骨達がさすが。
    ・「白く巨大で」で脚立登場。脚立に登ってグラインダーでステージ上のセット(培養炉)を削るパフォーマンスが始まってびっくり。飛び散る火花、曲に交じる「ガーッ!」「ギーッ!」という金属音(交互だけどたまにズレて同時になっちゃう)。そして脚立に腰掛けたままギターソロ。かっこいいけどハラハラだよ、ほんと最終日まで何事もなくてよかったよ…
    ・「それ行け!Halycon」で毛糸帽の男が乱入、キーボードソロ部分でひとしきり暴れて退場(弾き逃げ)。誰なんだ!一体何間創さんなんだ…!
    ・アルミ製のマイクスタンドにギターを押し付けたままスライドさせるという斬新な音の出し方(「マイクスタンドこすりつけ奏法」という名前)
    ・1日目のアンコールが「パラ・ユニフス」で、この曲が平沢さんとP-MODELを聴き始めたきっかけなので個人的に胸熱
    ・お客さんが若い!中心は20代ぐらいじゃないでしょうか。
    ・声援が「ヒラサワー!」って基本呼び捨てなのがおもしろかった。他にも「すすむー!」「核Pー!」「核Pさーん!」など
    ・「やかましい」「えーじゃない」「回れ右!」などのお決まりのアレが聞けてうれしい
    ・最終日の最後「Timelineの東」と「巡航プシクラオン」で救いのある雰囲気で終わったのがすごくよかった
    ・曲中は冷たく無表情でキビキビしてるのにアンコール後のMCが急に和やかでかわいい
    ・2日目と3日目はUSTREAMで配信を見ていました。音が割れまくってて曲当てクイズになってる時もありましたがこれはこれで楽しかったです。あと機材トラブルで配信が止まった時、視聴者一丸となって「これがテクノだ」で乗り切ってるのに感動しました

    【まとめ】
    平沢進ってホントに実在してたんだね!

    つい最近聴き始めた馬の骨からは以上です。一刻も早くDVDを見たいです!

    DIMENSIONニューアルバム「26」発売記念 ミニ・ライヴ&サイン会@銀座山野楽器本店に行ってきました! 


    11月15日、すでにクリスマスムードの銀座にある山野楽器本店で行われたDIMENSIONのインストアライブ&サイン会に行ってきました。

    このイベントは山野楽器でDIMENSIONのアルバム「26」を買うと
    先着順でイベントの招待券がもらえるというとってもありがたい企画で、前回「25」の時に行っておもしろかったので今回も見せていただきました。今回で10年目とか。すごい!

    山野楽器のHPに公式のイベントレポート(写真も!)があります。
    http://www.yamano-music.co.jp/docs/event/2013/11/15dimension.html

    今回も運良く増崎さん側の前の方の席に座れました。増崎さん好きなのでやったー!

    演奏された曲は3曲。イベントのメインは時にゆるく時にギリギリのトークです(…と思っています)。アルバムのジャケットや曲や演奏は都会的で洗練されていてかっこいいのにMCになるやいなやあの演芸感。さすがDIMENSION。

    【セットリスト】
    1.Way Over
    2.Cool In The Shade
    3.Voice Of The Star

    ドラムとベースは同期なので、アルバムとはまた違ってお三方の音がダイレクトに聴ける感じでした。

    【ファンからの質問コーナー】
    入場時に質問を書く紙が配られていて、それを集めて回答する感じでした。

    Q 年末のBAJライブの出囃子(登場時に流れるBGM)はもう決まったのですか?
    A 小屋持ち(BAJの方が決めてる)のでわかりません。たぶん例年通りAKBとかゆかりんになると思います…

    DIMENSIONの年末ライブって行ったことないのですが大変なことになっているのですね。見たい…。実際に行かれた方、いかがでしたでしょうか。

    Q 最近聴いていいなと思ったアーティストを教えてください
    A 小野塚さん:キース・ジャレットやビル・エヴァンス。昔は聴いてなかったけど今聴くと発見があります。
      勝田さん:ステレオが趣味なので、レコードで昔のものを聴くことが多いです。
      増崎さん:(すいませんアーティスト名を忘れてしまいました)音が多くないのにいいのがすごい。

    【「JAZZ LIFE」の表紙と実物を見比べるコーナー】
    雑誌「JAZZ LIFE」の9月発売の号の表紙がDIMENSIONだったので、写真と同じ角度を再現してくれました。


    【小野塚は俺の嫁】
    小野塚さん「"俺"ということはコメントしてる方は男性…そして"嫁"とは一体…!?」
    勝田さん「小野塚は俺の嫁!」
    増崎さん「いやいや小野塚は俺の嫁!」
    小野塚さん「…」
    みんなの嫁小野塚さん。

    ※ネット上での「俺の嫁」は「ファンです!」「かわいい!」ぐらいの意味(だと思います)

    【そのほかの話題】
    ・フュージョン界でおなじみC兄さんやT兄さんの話
    ・小野塚さんは並走鉄
    その他、「これはツイート禁止ですからね」と前置きがある話題多数!

    そんな感じで楽しいイベントでした。最後にはサイン会もあり、「26」にお三方のサインを頂き、握手もしてもらって帰りました。また次回も行けたらいいなー。